<東京お台場>SNS映えするトリックアート展で写真をパシャリ!

お台場のデックス4Fでリニューアルしたトリックアート美術館へいってきました。

入館料金も大人(高校生以上) 1000円、小人(4歳〜中学生) 600円でお安く、アクセスは、ゆりかもめお台場海浜公園かりんかい線東京テレポートから徒歩ですぐです。

混雑状況は、平日だったので待ち時間もなく入れましたが、修学旅行や観光客などの団体客がいると待つことになるかもしれません。

日曜日が一番混んでいて、お昼から午後にかけては混雑しています。

中は広くないので、デートなどでゆっくり写真を撮りたいなら空いてる時間帯をみていったほうが良いですね。

所要時間は、写真を取りながらで1時間ぐらいなので、団体客がいなそうな時間帯「夜」に行くのも良いと思います。

スタッフさんもいて分かりやすい

ここのトリックアートは普通に見るとただの絵になってしまうので見方(角度)が重要です。

ただそこは、入口にスタッフさんがいて、最初に数分間トリックアートの見方を説明してくれるので安心です。

こんな感じでスタッフさんがトリックアートの写真の撮り方を教えてくれました。

MEMO
ただスマホを通してじゃないとトリックアートっぽく見えないので、スマホ必須です。
スマホを持っていない外人さんがいてちょっとかわいそうでした。。。

トリックアートの数々

最初にだまし絵があるのですが「おぉ~」と驚きましたw

トリックアートなので、ブログで紹介してしまうとネタバレになってしまうので、どこがだまし絵なのかは、実際に行って見てください!

こんな遠近感のあるトリックアートや

立体感のあるトリックアートなどなど

目の錯覚で巨大に見えてしまいますw

天狗バーン!

館内の仕掛け

館内は隠し扉がいくつかあってそれを探しながら進みます。

隠し扉を探していると・・・

チラッ

こんな感じでなかなか楽しいトリックアートを見ることができます。

東京お台場のトリックアート展 | 東京トリックアート迷宮館

館内にもスタッフさんがいて写真を撮ってくれます。不定期なので常時いるわけではありませんが、きのどん達がいったときはスタッフさんが外人さんの写真を撮ってあげていました。

最後、出口の売店でも小ネタがあったりとなかなか楽しめる感じになっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。