クリコレⅢは上質な大人の時間からの~

2回目のクリコレⅢ

クリコレって・・・

オープニングのハッピー感→瀬奈さんの格好いいミレディ(三銃士)から、おしゃれで聞かせる大人なミュージカルな雰囲気で、「あ~なんて上質な時間なんだろう。」

とすすむんですよね。

幸せで楽しい。

でもワンデイモアで血が熱くたぎり始め、その後休憩だけれども席から一歩も動けず、

2幕にいたっては、山口祐一郎さんのトート閣下(最後のダンス)で異世界へつれていかれ、レベッカでわたしやダンバース夫人の感情がどわっと押し寄せて涙が止まらず、闇広で息が止まり、最後の怪人で昇天・・・

と、最初と最後で、こちら側の感情が全然違う~

すごく幸せだけれど、あまりのレベルの高さ?なのか、受け止めきれずこの感情をどう処理していいかわからない状態です。

クリコレで感動したというより、動揺した、という言葉が自分にはしっくりくるかも。

はぁ

全部良かったのだけれど、自分の好きな曲をピックアップ

ワンデイモア(レミゼ)

ジャンバルジャン 今 拓哉
マリウス 田代万里生
コゼット 大塚千弘
エポニーヌ 涼風真世
アンジョラス 山口祐一郎
ジャベール 岡田浩暉
テナルディエ夫妻 瀬奈じゅん、保坂知寿、吉野圭吾?

確か皆さんのパートはこんな感じだったかな。

素晴らしい曲を、このメンバーの大合唱だから、キャビアにトリュフをかけて食べるようなものだよね。
で、クリコレバージョンで、山口祐一郎さんが、赤いちゃんちゃんこ?みたいのを着せられるのが面白い。舞台でみんな盛り上がるのもほんと楽しい。

誰にも負けない(レベッカ)

涼風真世さんが歌うダンバース夫人。

レベッカの中で、私はこの曲特に好き!という感じじゃなかったのに(好きだけれど)、今回のクリコレでものすごく好きになりました。

クリコレバージョンだから、舞台にカトレアの花はないんだけれど、大きくて真っ白なカトレアの花が見えるようです。

クリコレでレベッカ3曲やってくれたのは、本当にありがたいけれど、わがままを言わせてもらえれば、山口祐一郎さんと大塚千弘さんのデュエットで「Hilf mir durch die Nacht」を歌ってほしいな~(日本語タイトル忘れた)

レベッカをクリエで見たい!と思っていたら、帰りやっぱり同じように話しているお客さんがいました。

最後のダンス(エリザベート)

お前は俺と踊るさ~だ~め~ ↑  からノーブレスで歌う 闇の中からみつけている~

山口トートのこの部分、世界一好き。

闇が広がる(エリザベート)

ミュージカルナンバーの中で1番好きな曲、山口祐一郎さんが歌うのを聴ける日がまたくるとは思わなかったので、ほぼ失神でした。なんか良すぎて記憶にない(泣)

ミュージックオブザナイト(オペラ座の怪人)

山口祐一郎さんこそ、歌の天使でしょう。

クリコレ、皆さんすごかったんです。ほんと。
でも、山口祐一郎さんが上書きしちゃうんだもの。まさに怪人ですわ。

あ、田代万里生くんって視線がとても優しいですよね。ローマの休日でちぃーちゃんに向ける視線が優しくて、去年のシシーを見つめるフランツヨーゼフを思いだしました。

私に娘がいたら、万里生君をお婿さんに欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。