【絶叫系が苦手な人へ】ディズニーランド・シーのアトラクションの怖さはどのくらい?

ディズニーランド・ディズニーシーの絶叫系アトラクション。

ディズニーのアトラクションは、他の遊園地などに比べて絶叫系は怖くないと言われていますが、その怖さがどれくらいなのか?

絶叫系のジェットコースターに乗ったことがないビビリですが、ディズニーランドの三大マウンテン+αとディズニーシーの絶叫系?アトラクションに挑戦してきました。

ちなみに高所恐怖症で、高いところは苦手。下を見ると内臓が浮いて股間のあたりがキュッっと締まってゾワゾワします。自動車で走ってるときも下りの坂道で同じような症状に。

ディズニーランド

カリブの海賊

MEMO
怖さレベル★☆☆☆☆

カリブの海賊は、ビビリな人が最初に乗っておくと良いアトラクションです。絶叫系ではないのですが、最初に1度だけ落差があってボートがギュイーンと行くところがあります。

スプラッシュマウンテンに乗る場合は、心の準備になるので、肩慣らしとして最初に乗っておきましょう。不意打ちをつかれるところ以外は怖くはありません。

スプラッシュマウンテン

MEMO
怖さレベル★★★☆☆
時速62km
コース全長 約850m
身長制限:90 cm以上
年齢制限:3歳以上

スプラッシュマウンテンは、外から見ると滝からボートが落ちてきて怖く見えますよね。

しかし、乗ってみると意外と怖くない(※個人差があります)です。

最初は、ストーリーを聞きながらゆらゆら流れていって、途中に3~4回のちょっとした下降と上昇。

カリブの海賊の最初の1回だけくる急降下のやつに近くてより激しい感じです。

そして、それが終わると、最後に外からも見える滝ツボに落ちて水がバシャーンとかかります。

最後の落下は怖いですが、緩急があってゆったりした時間のほうが長いので、絶叫が苦手な私でもまた乗っても大丈夫と思えました(笑

滝ツボに落ちる時に写真撮影されるので、出口で数字を控えて外にある写真カウンターに持っていくと落ちるときの写真を1300円程度で購入できます。

ビッグサンダーマウンテン

MEMO
怖さレベル★★★★☆
コース全長:1000メートル
時速42km
身長制限:102cm以上 年齢制限は書いてない

見た目よりも揺れるアトラクションで、汽車に乗ってレールを進みながら上昇・下降していきます。カーブはそれほど急カーブではなく、上下の揺れが怖いですね。

視界がくっきりしていて、周りも良く見えるので怖いけど気持ちいいという感じでしょうか。

アトラクションの時間が4分とちょっと長くて怖いのが続くので、1度乗れば十分かなと(笑

終始、怖くて目をつぶってました・・・

スペースマウンテン

MEMO
怖さレベル★★★★★
時速50km
コース全長:925メートル
身長制限:102cm以上 年齢制限は書いてない

絶叫系が苦手な人が一番乗ってはいけないアトラクションです。最初に乗ると、酔って他のアトラクションへの支障が出る可能性も。

他のアトラクションと違って、

「真っ暗で先や周りが見えない」「直線じゃなくて上下左右に進む」「休むポイントが少ない」

ので怖いと思います。途中で星空が見えてキレイなんですが、見てる余裕がありません。

あと、酔いますね。三半規管がぐるぐるしてめまいがする感じになりました・・・

アトラクションの長さは、ビッグサンダーマウンテンと同じぐらいで、揺れが激しいので体調が良くない時や虚弱体質の人はやめておいたほうが安全です。

また、昭和の話ですが、

  • 「スペース・マウンテン」に乗車した女性が意識不明となり、病院への搬送後死亡。死因は急性心不全。
  • アトラクション「スペース・マウンテン」停止後に最前列に座った男性が脳溢血で死亡。

という悲しい事故もあったアトラクションです。

ガジェットのゴーコースター

MEMO
怖さレベル★★☆☆☆
最高速度:約35km
身長制限:90cm以上
トゥーンタウンの奥にある子供向けの絶叫マシン。ミッキーの家の近くにあります。

アトラクションは1分程度で短いですが、ミニジェットコースターなので上下左右に揺れます。

待ち時間も10分~30分と子供が待てる時間ですし、2人乗りなので子供と一緒に乗ることができます。

ただ、座席が狭いので大人には窮屈かもしれません。

ディズニーシー

インディージョーンズ


MEMO
怖さレベル★★☆☆☆
身長制限:117cm以上

思ったよりも揺れてカーブします。急発進したり止まったりと緩急があるので、絶叫するほどではありませんが怖いですw

あと揺れます。なめたらアカン。

レイジングスピリット

MEMO
怖さレベル★★★★☆
最高速度:60km
身長制限:117cm以上

ディズニーランドとディズニー・シーで360度回転する唯一のアトラクションです。

つまりジェットコースターですね。

最初から最後まではさほど怖くありませんが、360度の回転に行く前の助走がかなり早いので体が浮遊する感覚になって絶望的な恐怖を感じます。

酔いやすい人、高所恐怖症の人はやめておきましょう。

ジェットコースターに乗るのが平気な人は、たぶん今ひとつ物足りないかもしれませんが・・・

センターオブジアース


MEMO
怖さレベル★★★☆☆
時速:75km(ディズニー最速のアトラクション)
最大傾斜角:45度
身長制限:117cm以上

ディズニーで怖いアトラクションの一つ。火山の頂上まで登って一気に下まで下るアトラクションです。序盤はゆっくりとしていて、

急上昇してから急降下するのでふわっとした浮遊感があります。

人によって好みが分かれるとおもいますが、スプラッシュマウンテンが大丈夫ならセンター・オブ・ジ・アースも問題ないかと。

逆に、ビッグサンダーマウンテンのようなジェットコースター系は大丈夫だけど、落下するセンター・オブ・ジ・アースはダメという人もいます。

タワー・オブ・テラー

MEMO
怖さレベル★★☆☆☆
身長制限:102cm以上

こちらも落下系のアトラクション。マンションの13階(40m)ぐらいから落ちるイメージです。

落下と上昇を繰り返して、ディズニーを一望できる高さまで上がります。

遊園地でいう、フリーフォールアトラクションですが、外の全体が見えないで密閉されているエレベーターの中にいるので怖さ倍増です。

まとめとアトラクションの怖さ対策

子供におすすめのアトラクション

ディズニーシーは、身長制限が117cm以上のアトラクションが3つあって、ディズニーランドは102cm以上のアトラクションが3つあります。

ディズニーシーのほうが絶叫系アトラクションの身長制限厳しいので、身長が足りない場合は、ランドのアトラクションに乗るのが良いです。

小さい子供が乗る場合は、ディズニーランドの「ガジェットのゴーコースター」に最初に乗ってみて大丈夫なら他の絶叫系に行くのが良いと思います。

大人におすすめのアトラクション

大人が乗るアトラクションは、「上昇・落下系」と「ジェットコースター系」に分かれます。

1.上昇・落下系
★ディズニーランド
・スプラッシュマウンテン
・タワーオブテラー

★ディズニーシー
・センター・オブ・ジ・アース

2.ジェットコースター系
★ディズニーランド
・ビッグサンダーマウンテン
・スペースマウンテン
・ガジェットのゴーコースター

★ディズニーシー
・レイジングスピリット
・インディージョーンズ

とりあえず、スプラッシュマウンテンとビッグサンダーマウンテンに乗って自分がどっち系なら大丈夫か試してみると良いと思います。

絶叫系が苦手な人でも、

1は大丈夫だけど、2はダメな人。
2は大丈夫だけど、1はダメな人。

という風に人によって感じ方が違います。

簡単な怖さ対策

アトラクションを怖く感じるのは、体が安定していないので脳が不安を感じるからです。

椅子には、深く腰掛けて背中はべったりつければふわっとした浮遊感を軽減できます。

また、目をつぶると恐怖が倍増してしまうので、乗っている間はできるだけ下を見ましょう。自分の足や手を見ると不安感を減らすことができます。

【2019年最新】ディズニーランド・ディズニーシーの空いてる時期はいつ?混雑時期は行かないほうがいい? ※2018最新【ディズニーチケット購入ガイド】みんなドコで買ってる?チケットの買い方とまとめ 【2018年ディズニー・シー】アトラクションを回るおすすめの順番。右周りで攻める!