アイスコーヒーより苦みがなくてスッキリ!水だしコーヒー(コールドブリュー)のおすすめと作り方まとめ

夏にぴったり!

流行の水出しコーヒーポットとコーヒー粉を買って作ってみました。

スタバやハリオのコーヒーポットもあったのですが、カルディにいったら1000円以内で安かったのでカルディの水出しコーヒーポットを選びました。

スターバックスやタリーズでも水出しコーヒーが売っていますが、Tallの水出しコーヒー(350ml)が400円以上することを考えると、家で水出しコーヒーを作ると節約にもなります^^

きのこ

昔は、ダッチコーヒーとも言われていましたが、今は、水出しコーヒーやコールドブリューコーヒーという名前が一般的になっていますね。

水だしコーヒーの味


水出しコーヒーは、コーヒーの苦み成分(カフェインやタンニン)が溶け出しにくいので、マイルドで苦みがないスッキリした味わいで、コーヒーの香りを楽しめます。

例えば、セブンイレブンのアイスコーヒーと比べると、さらにスッキリした香りのある味わいといった感じでしょうか。

苦くないので苦みが好きな人は、薄いと感じてちょっと物足りないかもしれません。

水出しコーヒーの効果

他にもメリットとして、カフェイン量が少ない(カフェインレス)ので、コーヒーで胃が荒れたり、カフェインが苦手な人にもおすすめですね。

そして、水出しコーヒーのメリットは、健康に良いポリフェノール「クロロゲン酸」をたくさん抽出できることです。

ホットコーヒーだと熱でポリフェノールが壊れてしまいますが、水だしコーヒーは熱を使わないのでクロロゲン酸の量が増えて健康効果も大。

MEMO
クロロゲン酸は、血糖値の上昇とインスリンの分泌を抑える働きがあって糖尿病の予防になるからです。他にも、クロロゲン酸が活性酸素を抑えるので、アンチエイジング効果も期待できますよ。

市販の水出しコーヒー器具


私は、カルディの水出しコーヒーポットを買いましたが他にも色々な水出しコーヒーの機械が売っています。

ポット式

選ぶときに重要なのがそのまま冷蔵庫にはいるかどうか?

下記のようなハリオのポットならそのまま冷蔵庫に入ります(※冷蔵庫の形状にもよるので買う前に大きさをチェックしてくださいね)

amazonで買うなら下記のハリオの水出しコーヒーポットは定番なのでおすすめです。
[wpap type=”detail” id=”B00I7JKAQ0″ title=”HARIO (ハリオ) 水出し コーヒーポット 1000ml コーヒードリップ 8杯用 ブラウン MCPN-14CBR”]

私が買ったカルディの水出しコーヒーポットも冷蔵庫に入るサイズなのでおすすめです。

カルディの店舗かカルディのネットショップで売ってますのでぜひ。


カルディオリジナル 水出し珈琲ポット 8杯用 1000ml | カルディコーヒーファーム 公式オンラインショップ

ちなみに下記のような形だと冷蔵庫に入らないので、冷蔵庫に入れる際に移し替える手間がかかってしまいます。
[wpap type=”detail” id=”B001823VPU” title=”iwaki(イワキ) 耐熱ガラス ウォータードリップコーヒーサーバー 440ml K8644-CL”]

サイフォン式

サイフォン式は一般家庭にはむきません。手入れが大変で大きくてかさばりますw

個人的に、味はポットで入れたのと違いはありませんでした。
[wpap type=”detail” id=”B001CKV9P2″ title=”カリタ ウォータードリップ ムービング(5人用) #45067″]

MEMO
最初、ルピシアにいったのですが、お茶のお店なので水出しコーヒーは売っていませんでした。フルーティーなお茶セットはありました。

水出しコーヒーに最適な豆はどれ?


アイスコーヒー用のブレンドの豆を使いましょう。

酸味が少ない深煎り豆(フルシティー・フレンチロースト)がおすすめで、

1000mlの水出しコーヒーを作るのに80gのコーヒー粉が必要になります。

丁度使い切れる量を購入しておくとコーヒー粉の鮮度を保てます。

コーヒー豆の挽き方

コーヒー豆の挽き方は、「中細挽き」が一般的です。

粗びきは、コーヒー粉が大きすぎて抽出の効率が悪く、細引きだと粉が微妙にこぼれて粉っぽいコーヒーになってしまいます。

豆はこだわるのもアリだと思いますが、ある程度のブランドのモノであればさほど味は変わりません。

澤井珈琲は、おすすめです。
[wpap type=”detail” id=”B0057LARD2″ title=”澤井珈琲 コーヒー 専門店 BITTERなアイスブレンド (アイスコーヒー 水出し珈琲用) セット 1.5kg (500g x…”]

きのこ

カルディは、レジ前にアイスコーヒー用の豆があるので店員さんに「200gを中細挽きで」と言えばその場で豆を挽いて売ってくれます。

パックでお掃除が簡単なものもおすすめ

水出しコーヒーは、カスの掃除が手間です。

掃除が面倒な人は、下記のような水出しコーヒーの粉がバッグに入ったものもおすすめです。

[wpap type=”detail” id=”B0739V7MR2″ title=”カフェ カルディ ウォータードリップコーヒー ( 水出しアイスコーヒー ) 40g×4p”]

豆から挽いたものより鮮度は落ちますが、作り方もこんな風に簡単にできます。

水出しコーヒーの作り方

私が買ったのは、カルディコーヒーポット1000mℓ(999円)とアイスコーヒー用の豆200g(498円)です。

水出しコーヒー1000ml作るのにコーヒー粉80gを使います。

作り方は、2種類あります。

点滴方式

説明書通りにコーヒーの粉に水をいれて、点滴し続ける方法です。フィルターに水が溜まってポタポタ落ちていくのですが、ポット式の場合、水を何回か分けて注ぐ必要があります。

このように水を入れて水が落ちきったらまた水をつぎ足します。フィルターはゆっくり時間をかけて水が落ちる仕組みになっています。

漬け置き方式

こちらは、さきほどパックのところで紹介した作り方で麦茶を作るのと同じ要領です。

フィルター式の場合、先にポットに水を満タンに入れてから、そこにコーヒー粉の入ったフィルターを付けてそのまま冷蔵庫にしまう漬け置き方法です。

パックに入ったコーヒー粉もこの方法で作ります。

点滴でゆっくりと抽出しない分、コーヒーが薄くなる可能性があるのと、フィルターやパックを長時間つけすぎると雑味がでてしまうので取り出すタイミングが重要です。

コーヒーの味は、そこまで違いがないので一度試してみてください。

水出しコーヒーに適した水はどれ?軟水と硬水どっちがいい?


水出しコーヒーの水で、出来上がりの味が違います。

美味しい水出しコーヒーにするなら軟水がおすすめです。

水道水は、軟水なのでちょうど良いのですが、カルキ臭がしているとせっかくの水出しコーヒーが不味くなるので、もしカルキ臭のする水道水ならヤカンなどで沸騰させた水を使いましょう。

軟水のミネラルウォーターを使ってもOKです。

水出しコーヒーにかかる時間

水出しコーヒーは、点滴式なので一般的には、8時間~12時間程度かかります。

水出しコーヒーの保存

水出しコーヒーは、必ず冷蔵庫で保存します。

日持ちする?賞味期限は?

美味しく飲めるのは、だいたい2,3日が限度なので大量に作ると酸化して味が劣化するのでお勧めしません。

魔法瓶に入れても酸化はしてしまうので、保存方法は特に気にする必要はないでしょう。

水出しコーヒーをホットで飲むのはいいの?

水出しコーヒーを温める場合は、電子レンジで温めて飲みます。

ただし注意点として沸騰はさせないこと!

沸騰させると成分が酸化してせっかくの風味がなくなってしまいます。