葛西臨海公園は、水族園や観覧車、BBQもできて1日楽しめるスポット!デートや家族で過ごすのにおすすめです

葛西臨海公園は、デートや家族連れでいっても楽しめる場所

葛西臨海公園の入場料は無料ですし、水族園も小学生と都内在住の中学生は無料なのでお財布にも優しいです。

GW以外は、比較的空いてるし、犬もリードを付ければ一緒に歩けるので散歩にも良いですね。

葛西臨海公園へのアクセス

葛西臨海公園へ電車で行く

京葉線で東京駅から葛西臨海公園まで15分程度です。

葛西臨海公園駅には、マックとコンビニ(ニューデイズ)があって、葛西臨海公園内でもランチができるレストランがあるので軽装で遊びにいっても問題ありません。

京葉線の路線図

  • 東京
  • 八丁堀
  • 越中島
  • 潮見
  • 新木場
  • 葛西臨海公園
  • 舞浜
  • 新浦安
  • 市川塩浜
  • 二俣新町
  • 南船橋
  • 新習志野
  • 海浜幕張
  • 検見川浜
  • 稲毛海岸
  • 千葉みなと
  • 蘇我

葛西臨海公園へバスで行く

シャトルセブンというバスが小岩駅と亀有駅から出ています。

葛西臨海公園へ車で行く

駐車場は有料のみで、最初の1時間までが200円で、以後30分毎に100円かかります。

葛西臨海公園へ水上バスで行く


本数が少ないのですが、「両国」と「お台場海浜公園」から葛西臨海公園行きの水上バスがでています。(所要時間50分ぐらい)
葛西・お台場周遊 | 運航コース・料金・時刻表 | 水上バスで行こう! [東京都公園協会]

水上バスを使うと、お台場で映画を見て葛西臨海公園をぶらっとするプランもできますね。

葛西臨海公園を自転車で巡る

公園内は広いので自転車をレンタルして巡るのも良いでしょう。

公園内に自転車を止めてる人も多いです。

葛西臨海公園駅で江戸川区の自転車をレンタルできます。1日レンタルして210円の激安料金。

運転免許書や健康保険証などの顔写真入りの身分証が必要で、レンタル場所は葛西臨海公園駅(東駐輪場)で申し込めます。

葛西臨海公園の中だけでなく、健康ロード・サイクリングロードもあるので公園や水族館を見た後に自転車でぐるっとサイクリングも爽快ですね。

葛西臨海公園の地図

葛西臨海水族園

葛西臨海公園の目玉といえば水族館。

ガラスドーム型の建物の地下で世界中のお魚が泳いでいます。

ちなみに葛西臨海「水族館」じゃなくて「水族園」が正式名称。

本館の水族館以外にも敷地内全てが展示場になってるからですね。

ここに入る前の、外の噴水地のミストがとっても気持ち良かったです^^

MEMO
葛西臨海水族園の料金は、大人700円、中学生200円、65歳以上が350円

水族園内は、自由に見ることもできますが、1日2回のガイドツアーの利用もできます。

ガイドさんの解説も聞ける


MEMO
ガイドツアーは、ドームのエスカレーター前にあるカウンターで受付

ガイドツアーとは別に、マグロ(12:00/15:30)、ペンギン(12:20)、ウミホタル(16:15)の水槽前でスタッフさんの解説も聞けますよ。

赤ちゃん連れでベビーカーがある場合

館内は、ベビーカーだと遠回りになって厳しいので、入口でベビーカーを預けて抱っこして回るのが無難かと思います。

葛西臨海水族園エリア

大洋の航海者(2階)

名物のマグロの群れです。2200トンのドーナツ型の水槽でマグロやシュモクザメが群雄しています。

世界の海(1階)

メガネモチノウオが存在感ありました

渚の生物

魚以外にもイソギンチャクやヒトデがいて静かな感じ

ペンギンの生態

日本最大級の展示場。外にあるペンギン専用の場所にいました。フンボルトペンギン、ミナミイワトビペンギンなど4種類のペンギンが待ってます。

上からと水中からの2か所で見ることができます。下の写真は下から見たものです。

おなかぽっこん

エサを食べる様子を観察

一度見ておきたいのが、サメ、マグロ、ペンギンは餌を食べている様子。飼育員さんの説明もあって面白いですよ。

MEMO
サメ(14時)→ペンギン(14時30分)→マグロ(15時)→海鳥(16時)の順番でやってます。

海鳥の生態

北半球にいるウミガラスやエトピリカの水槽。鳥だけど水に潜って泳ぐんですね~

海藻の林、東京の海

地味ですが東京湾や小笠原などの生き物がいます。干ばつを歩くトビハゼウオがとってもかわいかったです。

屋外のふれあいコーナー

しおだまりではウニやカニに触れます。

タッチンフィーリンというコーナーは、整理券が必要になりますがこちらでは、サメやエイを触れます。混雑はしていないので比較的スムーズに進めました。

レストラン「シーウインド」でひと休み

東京湾を眺めながらひと休みできます。少し混んでました。この右手に階段があってお土産屋さんもあります。

水辺の自然エリア

水族園を一通り見た後は、外にでて水辺の鳥や川の勉強をする施設へ

水辺の鳥

日本コウノトリやタンチョウがいます。16時までなのでお早めに。

淡水生物館

池沼や渓流の自然を展示した生物館。今はなくなってしまった自然を学べます。

葛西臨海公園にある鳥類園とウオッチングセンター

今回はいかなかったのですが、水族園の横に大きな鳥類園があります。鳥の展示場があるわけではなく、公園で生息する鳥をバードウオッチングする施設のようでした。

クリスタルビュー

とっても見晴らしのいいクリスタルビュー

奥に芝生と砂浜があります。

実は西なぎさで海水浴ができる


毎年、このクリスタルビューの先にある西なぎさで7月中旬から8月末まで海水浴体験を行っています。

10時から16時までと早いので午前中から行くのがおすすめです。小学生は保護者同伴で素足は危ないので脱げずらいマリンシューズやサンダルを忘れずに

海水浴は無料ですが、シャワーや更衣室、コインロッカーは有料で1回ごとに100円かかります。

葛西臨海公園でバーベキュー(bbq)

葛西臨海公園内にはバーベキューができるキャンプ場があって6月~10月まで完全予約制で使えます。

BBQセットは、自分で持ち込んでもいいし、手ぶらで行って業者にお願いすることもできます。

自分で食材を持ち込む場合は、近くにある西友南葛西店で買うのも良いでしょう。

予約についての詳細はこちらから

葛西海浜公園でバーベキュー&テント


そして、あまり知られてないのですが、先にある葛西海浜公園(臨海ではなく海浜)のほうでは、予約なしでBBQができます。

入口から距離があるので遠いですが、テントも張れるのでキャンプ気分を味わえる場所です。海岸沿いなので風は強いのでお気をつけ下さい。

詳細はこちら

葛西臨海公園の周辺施設やお店

葛西臨海公園の中には3つレストランがあります。

公園内のレストラン ブルーマリン

ちょっと古めのレストランで、カレーや明太子スパゲティ、ハンバーグランチ、ビーフシチューなど子供が喜ぶ感じのメニューが多いです。

水族園内のレストランシーウインド

水族園の中なので入場料を払って入らないといけません。若干混雑していると思います。

ホテルオークラのシーサイド

バーベキュー広場を横切って駐車場方面に進むとホテルシーサイド江戸川が見えてきます。その1階にあります。開放感があって待ち時間も15分程度なのでデートにはおすすめです。

葛西臨海公園のファミレス

近くに2店舗ありますが、ちょっと遠いので徒歩だときついかもしれません。

MEMO
ロイヤルホスト 南葛西店:東京都江戸川区南葛西3-24
バーミヤン 南葛西店:東京都江戸川区南葛西4-2-15

葛西臨海公園中にある施設

かわいいぬいぐるみなどのお土産は、外にあるお土産屋さんか、水族館内にあるお土産屋さんで買えます。

葛西臨海公園の遊具はわくわく広場に少し

わくわく広場に遊具が少しだけあります。大きい広場ではなく小さい子供向けのものなのであまり期待しないほうが良いです。

ダイヤと花の大観覧車

ダイヤと花の大観覧車は、景色が見れるだけじゃありません。

おすすめは、葛西臨海公園の夜景

夜になるとディズニーランドで毎日夜の20時30分に打ち上げられる花火が見えます。

見られる時間は、観覧車の時間が夜の9時までに延長される期間。

土日祝、ゴールデンウィーク、春休み、夏休みの開園です。

観覧車が頂上に来る10分前ぐらい=20時20分ぐらいに乗るとちょうど頂上で見れるのでおすすめですよ。

注意
平日の観覧車は10:00~20:00までで見れないので注意です

観覧車の料金が少し割引になる

料金も通常は、700円の料金がかかりますが、水族館のチケットを見せると630円に割引されるので先に水族館にいっておいたほうがお得になります。

MEMO
スマホでクーポンのページを開いて、チケット売り場でそのまま見せても割引されます。

園内をぐるっと回るパークトレイン

子供から大人まで乗れて、公園内のエリアを約25分かけてゆっくり一周します。

10:00~16:00まで不定期に回ってます。

停留所

  • 公園サービスセンター前
  • ウォッチングセンター前
  • 水辺ライン船のりば前
  • なぎさ橋前
  • 汐風の広場前
  • 芦ヶ池前
  • 芝生広場、第2駐車場入口
  • 蓮池前、大観覧車入口

なのはな号

葛西臨海公園に喫煙所はある?

トイレは、屋外のわくわく広場付近に1つ。水族館の一階と二階に3か所程あります。

葛西臨海公園のイベント

公式ページのお知らせで毎月のイベントが告知されています。

防災イベント、マラソンイベント、七夕などの季節のイベント、鳥類園のガイドツアーなど不定期に色々なイベントが行われています。

また、イベントではありませんが、川沿いの岩にカニがいるので、子供と一緒にカニ釣りをしに来る人も多いです。

ボランティアの皆さんの力で成り立っているイベントもあるので感謝ですね。

【多摩動物公園に行く前に】見どころやおすすめポイントを紹介!自然の中で動物とふれあえますよ