豊洲のピンク色のケーキ屋さん「パティスリーSAKURA」は2階のカフェが穴場

豊洲「パティスリーSAKURA」は、2015年にオープンして2017年で7周年のケーキ屋さんです。

豊洲が出来た昭和初期は、パン屋さんだったそうですね。この一帯にデパートを立てる計画もあったそうですが資金がなくて頓挫したとか。

豊洲商店街は、まだ昔の名残が残っているので歴史を発見できる場所もちらほらあるので散策が楽しいです。

今回は、豊洲のユナイテッドシネマに行く前に時間があったので行ってみました。

ピンクのケーキ屋さん

晴海通りの近くの通りにあって、外観がピンク色なのでとっても目立ちます。

店内を見ると、奥のほうまであってパッと見だと何のお店かわかりませんが、外から奥のほうを見ると人が集まっているのでずっと気になっていました。

入口には子供のゆりかごの乗り物があってメルヘン。

食べログでも高評価のお店です。TVのZIPなどのスイーツ特集でも放送されていたそうで人気店になっています。

シェフも修行を重ねた腕利きパティシエ。

シェフ・パティシエ:金井 祐治
武蔵野調理師専門学校卒業後、「菓子工房オークウッド」にオープニングスタッフとして入社。GINZAミキモトラウンジにてデセール部門を担当。その後、静岡県「ナチュレナチュール」では店長として勤務。新宿「パークハイアット東京」を経て、東京・豊洲「パティスリーSAKURA」のシェフパティシエ就任。

ケーキ屋とカフェが併設

1階はケーキ屋さんになっていて、2階はカフェになっています。

きのどんが行ったときも何名かのお客さんがいて少し混んでいましたね。

ケーキの種類も豊富でとよすふれや、シュークリーム、いちごショート、ギフトの焼きドーナツ詰合せなどなど盛りだくさん。

SAKURAの口コミを見ていて、おすすめがどれかわからないという口コミがあったのですが、常に新作もでていて種類も豊富なので迷いましたw

逆に、近所に住んでいたら色々なケーキを食べられるので飽きなくていいですね。

今回は、お店の名前が入った「SAKURAのスフレロール」を注文して2階のカフェで食べることにしました。

たっぷりのコクのある生クリームが、ふわっとしたしっとりのスフレ生地で包まれています。

スフレは、パティシエの腕の違いが分かりずらいので、今度は、ZIPでも紹介されていたさっぱりとしたレモンのムースケーキ「リモネ」を食べてみたいと思います。

2階のカフェ

2階カフェは、空いていて他に1卓だけ。

コーヒーや紅茶にはマカロンがついてきて得した気分に。

マカロンもスフレも美味しかったです。

ららぽーと豊洲のカフェは込んでいるので、意外とSAKURAの2階カフェは休憩所として穴場かもしれません。

映画前にSAKURAでひと休みもおすすめです。

パティスリーSAKURA。豊洲のケーキ屋さん
店名/パティスリー SAKURA
住所/〒135-0061 東京都江東区豊洲4-2-2
アクセス/地下鉄有楽町線豊洲駅4番出口 徒歩1分
ゆりかもめ豊洲駅 徒歩1分

パティスリーSAKURA。豊洲のケーキ屋さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。