王家の紋章感想2021年8月14日帝劇(浦井・大貫・朝夏・木下)

王家の紋章2021年2回めにしてマイラスト。
前回とはキャスト違い(ルカは前山さんで一緒)で観てきました。

すごく面白かった!! キャスト違いでこんなに印象違うんだな~。

浦井さんメンフィスと朝夏さんアイシスは、大帝国エジプトの頂点に君臨する王者の佇まいで、
漫画ちっくな舞台に違和感なく引き込まれました。

前回の王家の紋章の感想⇒

キャスト

メンフィス:浦井健治
キャロル:木下晴香
イズミル:大貫勇輔
アイシス:朝夏まなと
ライアン:植原卓也
ミタムン:綺咲愛里
ルカ:前山剛久
ウナス:大隅勇太
ナフテラ:出雲綾
イムホテップ:山口祐一郎
ミヌーエ将軍:松原剛志
セチ:坂口湧久

感想

浦井さんメンフィスと朝夏さんアイシスの存在感がすごい。

浦井さんは初演からそうだけど、太ももを出すエジプトの衣装を身にまとい濃いアイメイクをしたメンフィスの姿に一切の違和感がないんですよね。

王家の紋章は帝劇にしては2.5次元よりで、普段見なれている役者さんたちがメンフィスの姿をするのは、こそばゆいような心持になりそうなものですが(海宝さんにはこの感情が生まれた)、存在感でねじふせてしまう浦井さんがやはりすごい。

初演時は、浦井さんの優しさがにじみ出ているようで、もっとメンフィスの強引さが出ても良いかなと思っていました。

でも今回の公演では、王者の孤独や獰猛さが全身からにじみ出て、人を殺すのになんの躊躇もしない雰囲気も纏う。

一方、キャロルに語りかける時の甘さと切なさを含んだ声は色気にあふれ、最高のメンフィスでした!!

原作でもミュージカルでもメンフィスよりイズミルの方が格好いいと思っている私ですが、この日の公演に関しては浦井メンフィスが格好いい。

浦井さん、歌もかなり声が太くなり、以前より上手になられたように思います。

あとマント裁きが本当に綺麗ですね。舞台の華でした。

 

朝夏まなとさんアイシス。

浦井さんと並ぶと、この姉と弟は、時に残忍なことをためらわずに成し遂げながら生きてきた事が感じられ、現代からきたキャロルとは完全に別の世界の人間って思える。

だから、キャロルがメンフィスとアイシスに出会った時に、あまりの価値観の違いに衝撃を受けただろうな、とまで想像ができました。

新妻さんは姉、母、恋人(女)としてのあらゆる愛情をもってメンフィスに接していたように感じましたが、朝夏まなとさんアイシスは、「女」の要素が強い。適切な表現かわからないけど「ねばっこさ」があるというか。

イムホテップ宰相が「聡明なアイシス様も恋をするとかくも愚かに・・・」とつぶやく場面がありますが、「恋をして愚かになってしまった女性」、というのが今まで見てきたアイシスの中で一番説得力がありました。

 
木下晴香さんキャロル。

一番好きなキャロルかも。むしろ原作のキャロルより好きw

キャロルは好奇心旺盛な16歳の娘で、考古学知識があり、未来からきた人間であるがゆえに古代では賢い神の娘扱いされているけど、原作では落ち着きないですからねw

今までキャロルを演じてきた皆さんも、キャロルのふわふわっとした部分を結構出していたと思うけど、晴香ちゃんは恐らく本人の持つ落ち着きや賢さが、キャロルにも反映されていて、それが私の好みでした。

よく言われる「賢い娘」が原作のキャロルよりしっくりきます。

晴香ちゃんキャロルは、古代に来てしまってもそこで流されないよう、自分を律しながらちゃんと考えようとしている姿が、最初からみえているから、歴史の重み(自分の存在が歴史を変えてしまったり、自分のせいでエジプト兵が命を落すなど)を背負いつつも、段階を踏んでメンフィスと心を通わせていく様子に説得力がありました。

 

大貫勇輔さんイズミル。

うーーむ。イズミルは大貫さん向きではないような…身体能力がすごい方なので、殺陣シーンの迫力や美しさは群を抜いていました。浦井メンフィスも剣裁きやマント裁きが美しいから、この2人の戦闘シーンは見ごたえありなのですが。

王家の紋章ミュージカルでは、イズミルの出番は2幕がメイン。2曲続けてイズミルのナンバーがあるのですが、1曲目で私たち観客をイズミルの世界に引き込み、2曲目のロックテイストで圧倒する、という流れ(のはず)が、大貫イズミルは残念ながらパンチが弱い。

ミュージカルで描かれる初期のイズミルって、キャロルを拷問して、エジプトとの戦争ではキャロルを囮に使ってと、結構ひどい事しているのですがw それでもイズミル格好いい!となるのは、特にこの2曲があってのものだと思う。

イズミルは、エジプトへの切り札と思ってキャロルを捕らえていたのだけど、キャロルが負傷するエジプト兵をみて嘆く姿をみて、イズミルの心にも変化が訪れる。私が見逃しただけかもしれないけど、大貫イズミルはここで表情を変えていなかったような。

イズミルはメンフィスと対局に描かれ、激情型のメンフィスに比べてイズミルは冷静沈着だから、表情を変えないのも正解なのだけど、舞台ではイズミルの心が伝わってこないような気がしました。

メンフィスを刺そうとして剣でキャロルの背中を切りつけてしまった時も、オペラグラスで大貫イズミルの表情を確認した時は、特に変わらず。

妹が殺されたとはいえ、感情のないなんか冷たい男だな・・・と、今回イズミルに対してそんな感情が沸きました。

大貫さん、むしろ再演メリー・ポピンズのバートが楽しみ。あちらは、タップやダンスなど大貫さんの特技が生かされた役だし、早くみたい。

 

今回、唯一見られなかったのが、岡宮来夢さんのルカ。評判よくてみたかったな。

あと大隅勇太さんのウナスが優しくてとても好きでした。あのおかっぱ?よく似合っていました!