ヨガのお腹痩せ&ウエスト痩せ

一度太ったお腹が痩せないのはなぜ?

一度太ってしまったお腹周りの肉はなかなか落ちません…。

 

では一度太ったお腹が痩せないのはなぜなのでしょうか?その理由に迫ってみましょう。
女性のお腹が痩せない主な原因はこちらです。

  • 猫背
  • 皮下脂肪がつきすぎ
  • セルライト
  • 便秘
猫背はお腹周りの肥満を悪化させる

猫背は上体が前に傾き、背骨が曲がっている状態です。この猫背の姿勢のままでいると、正しい姿勢を維持するために働く、お腹のインナーマッスルが減少してしまいます。インナーマッスルが衰えることで、お腹周りには脂肪がつきやすくなってしまいます。

皮下脂肪が付きすぎると、お腹周りは痩せにくい

お腹周りだけやたらとお肉がついてしまっているという方は、お腹周りに皮下脂肪が多く蓄えられている証拠です。皮下脂肪は、偏った食生活や運動不足などで、摂取カロリーが消費カロリーよりも多いため、脂肪を溜め込んでしまうのです。

セルライトはお腹太りの原因

セルライトはお腹や太もも、お尻などにできやすいです。脂肪細胞に老廃物が蓄積して形成されるセルライトは、脂肪が付きすぎたり、老廃物の排出が滞ってしまったりすることで形成されるでしょう。

便秘はお腹周りを太くする

女性で便秘に悩む方は多いですよね。便秘になると、腸内に便やガスが溜まるため、常にお腹が張ったような状態になります。するとどうしてもぽっこりお腹になってしまいます。

ホットヨガがお腹痩せに良い理由

ヨガもよいのですが、効率的にお腹痩せをしたいならホットヨガがおすすめです。

 

ではなぜホットヨガはお腹痩せに効果を発揮してくれるのでしょうか?

 

ホットヨガは温かい室内でヨガのポーズを行います。発汗作用があり、血行が促進されるので、リンパの流れがスムーズになります。すると基礎代謝や新陳代謝が高まるので、脂肪燃焼効率もアップし、ダイエットに効果を発揮してくれるのです。

 

また老廃物や水分の排出もスムーズになるので、下っ腹が出る原因となる便秘に対してもアプローチすることができます。

 

その他、ヨガは骨盤のゆがみを改善することができます。正しい位置に骨盤を戻してあげることで、姿勢がよくなり、お腹周りに脂肪がつきにくくなります。

 

お腹痩せに良いヨガのポーズ

ではホットヨガでするお腹痩せによいヨガポーズとはどんなものがあるのでしょうか?。
ここではお腹痩せに効果のあるヨガポーズをまとめてみましょう。

ねじりのポーズ

<やり方>

  1. 右側のお尻を床につけて横に座り、左足のかかとを右側のお尻の横に付ける。
  2. 右足を立てて、足を交差させるように床の上に置く。
  3. 息を吸いながら左手で右足を抱えて、右手を後ろの床に置いて、ゆっくりと息を吐きながら体を右にねじっていきます。

<期待できること>

  • お腹やウエスト、お尻の引き締め
  • 便通を良くする
赤ちゃんのポーズ

<やり方>

  1. 仰向けに寝転び、両膝を折り曲げ、両手で抱える。
  2. 息を吐きながら、両膝を引き寄せて、胸を近づけ、上半身を起こす。
  3. 膝と頭を近づけた状態で静かに呼吸をする。

<期待できること>

  • 便通や下痢に
  • お腹の脂肪燃焼
  • 腰痛予防
ねこのポーズ

<やり方>

  1. 床に垂直になるように、両膝、両腕を床につけて四つん這いになる
  2. 両腕、両膝を肩幅に開き、目線は床に向ける
  3. 息を吐きながら、天井へ突き出す感覚で背中を丸める
  4. お腹をへこませて頭を両腕の間に沈め30秒キープ
  5. 息を吸いながら、背中を反らして胸を張って30秒キープ

<期待できること>

  • ウエストやヒップの引き締め
  • 内臓機能の調整
  • 冷え性対策
肩立ちのポーズ

<やり方>

  1. 仰向けで両足を揃えて、息を吸いながら両脚を上げて、お尻も床から上げて、両手で腰のあたりを支える
  2. 背骨をまっすぐ伸ばし、足先を天井に向かって伸ばす

<期待できること>

  • 便通を良くする
  • デトックス
  • 脂肪燃焼
鋤(すき)のポーズ

<やり方>

  1. 仰向けに寝て、顎を引いて、首の後ろを伸ばす、両腕は体側に沿うように伸ばしておく
  2. 息を吸いながら、膝を伸ばしたまま、床と垂直になるところまで上げる
  3. 息を吐きながら、手の平で床を押しつつ、腰を床から持ち上げて、頭の方の床側につま先を付ける
  4. 肩や首の力を抜いて、そのままの状態で10秒キープ

<期待できること>

  • お腹の引き締め
  • 疲労回復
ワニのポーズ

<やり方>

  1. 仰向けに寝転がり両膝を立てて、両手は方のラインに合わせて左右に開く。手の平は下に向ける
  2. 息を吸いながら両膝を揃えて、すねが床と並行になるところまで上げる。膝は90度に曲げて、つま先は天井へ向ける
  3. 息を吐きながら、足を右側に倒す。この時、足は床に着けずに、ウエストからねじるように3秒キープする
  4. 息を吸いながら、両足を真ん中に戻す。反対側も同じようにする

<期待できること>

  • お腹周りのシェイプアップ
  • 脂肪燃焼
  • デトックス
  • 腰痛対策
犬のポーズ

<やり方>

  1. 両手と両膝を床につけて四つん這いになる
  2. 腕と太ももが床に垂直になるようにして、足を腰幅、手を肩幅に合わせて広げる
  3. 息を吐きながら、両膝を床から持ち上げる。横から見た時に三角形の形になるように、腰をしっかりと高く張って伸ばす
  4. この姿勢で30秒ほど自然呼吸をキープ
  5. 膝を曲げて息を吐きながら床に戻る

<期待できること>

  • 太もも、腕の引き締め
  • ヒップアップ
  • 姿勢を良くする
舟のポーズ

<やり方>

  1. 両膝を伸ばして、手はお尻のやや後ろ、つま先が前を向くように座る
  2. 両ひざを曲げて膝裏に手を添える
  3. 後方に倒れながら、両足を上げていく
  4. 両手で足を支えるように添えて、両足を床から上げて伸ばしていく
  5. 手を離してバランスをとる。この時、腰を丸めずに、足をピンと伸ばした状態をキープする

<効果>

  • 下っ腹の脂肪を燃焼
  • 猫背対策
  • 全身の引き締め
  • 便通を良くする

ウエスト痩せに良いヨガのポーズ

次にご紹介するのがウエスト痩せに効果のあるヨガポーズです。

かんぬきのポーズ

<やり方>

  1. 膝立ちになり、両手を腰に添える。
  2. 片手を頭上に上げて、反対の足を真横に伸ばす。
  3. 伸ばした足の方に上体を倒す。

<期待できること>

  • ウエスト、二の腕の引き締め
  • 背骨を整える
  • 体幹強化
Vねじりのポーズ

<やり方>

  1. 仰向けになり、右膝を立てる。
  2. 左手で頭を支えて、息を吐きながら、下腹部に力を入れて上半身を起こす。
  3. 上半身を右側にねじり、頭を支えている左手の肘を右膝に付ける。このポーズで5秒キープし、反対側も同じようにする。

<期待できること>

  • お腹周りの引き締め
三角のポーズ

<やり方>

  1. 足を腰幅に広げて立ち、顔は正面を向けて、背筋を伸ばす
  2. 両腕を肩の高さで左右へ伸ばす
  3. 息を吐きながら上体を左に倒して、両方の脇腹も伸ばす
  4. 左手で左足の持てるところを持ち、右手は天井に向けて伸ばす。反対側も同じようにする。

<期待できること>

  • ウエスト、ヒップの引き締め
  • 便通を良くする
  • 冷え性対策

これ以上太らないために!ヨガと食事について

これ以上太らないようにするには、食生活の見直しも大切です。

 

ここでは、ヨガと食事について考えてみましょう。

ヨガをする時の食事のタイミングは?

ヨガをする時の食事のタイミングって難しいですよね。
結論から言うと、ヨガの前後は食事を控えるようにするべきです。
ヨガ前後の2〜3時間は食事を摂らないようにしましょう。

 

ヨガを行う時は、空腹状態が望ましいとされています。
これは、ヨガを行う時にお腹を圧迫するポーズをする場合もあり、内臓への負担を最小限に抑えるためです。

 

またヨガを終えた後、すぐに食事をすると、栄養分が吸収されやすく、太りやすくなります。
ヨガの前後は食事を控えてみましょう。

 

ヨガ後、当日とる食事メニューは何がよい?食事制限はある?

ヨガをした後、どんな食事をとればよいのでしょうか?
ここではヨガ後の当日とる食事メニューについて考えてみます。

 

ヨガ後は体の吸収が良くなっているため、体を急激に冷やすような冷たい食べ物は控えましょう。
野菜を中心とした内臓に優しいメニューが好ましいです。
また鶏のささ身など良質なたんぱく質は、筋肉を作るために欠かせません。
脂身の少ない赤身の肉がおすすめです。

 

ホットヨガの後の豆乳やフルーツは良いのか

ホットヨガ後の豆乳やフルーツの摂取は理想的です。
豆乳には良質のたんぱく質や豆乳イソフラボンなどの美容成分もたっぷりと含有しています。
またフルーツにはビタミンやミネラルが含まれています。

 

ホットヨガ中に消費した、たんぱく質やビタミンをしっかりとチャージできるので、豆乳やフルーツの摂取はおすすめですよ。

 

ホットヨガをしたことがないという方は、まずはホットヨガ体験からはじめてみましょう!
体験メニューでは、実際のレッスンと同じような流れで、ホットヨガをすることができるので、自分に合っているかどうかも分かりますよ。

 

またスタジオによって、施設の充実度、料金設定、メニューなどはかなり違うので、いくつか体験レッスンを受けてみるのもよいかもしれません。
自分に合った、無理なく通えるヨガスタジオを選びたいですね。

TOPへ