ホットヨガの体験の流れは?

ホットヨガの体験ってどのようなことをするのでしょうか?

 

ここではホットヨガの体験の流れをまとめてみましょう。

 

ホットヨガ初回体験レッスンはまずは予約から行います。
LAVAでは行きたいスタジオを検索してもらい、スケジュールを見て日時を決めてから、Webで簡単に予約が取れちゃいます。

 

予約当日は、予約時間の30分前までには来店すること。
必要書類の記入と簡単なカウンセリングがあります。
30分過ぎての来店の場合、初回体験が受けられなくなる場合もあるので、十分に注意したいですね。

 

ホットヨガ体験レッスンでの持ち物

  • 運動ができる上下の服装(Tシャツ、ハーフパンツなど)
  • シャワー用バスタオル
  • 汗拭き用フェイスタオル
  • お水1リットル以上(常温)
  • 着替え用の下着

ホットヨガの体験レッスンは、ヨガ初心者の方がほとんどなので、心配することはありません。

 

体が硬い方や体力がないという方でも無理なく行えますよ。

 

体験レッスン自体は60分で、受付〜着替えまでが約2時間程度です。

 

体験レッスンが終わったら、パウダールーム、ロッカールームを利用して、ホットヨガでかいた汗を流して帰ることができます。

ホットヨガを受けられない人は?

ホットヨガは脱水症状になる可能性があり、また体への負担もかかるため、妊娠中の方は利用できません。

 

出産後にホットヨガをしたいという場合には、体が産前の状態に戻る産後6ヶ月以降の参加がおすすめです。

 

LAVAの店舗によっては、常温でマタニティヨガ、産後はママヨガクラスを提供しています。

 

体調が優れない方もホットヨガを受けられません。生理中でも特に問題なく、ホットヨガは受けられますが、体調に考慮して参加するようにして下さい。

 

また過度な刺青やタトゥーをされている方は、ホットヨガの利用や入会を断られるケースが多いです。

体力のない人でも受けられるクラスはどんなものがある?

体力がないので、ホットヨガを受けられるか不安…という方もいるかもしれません。

 

では体力がない人でも、受けられるヨガはどのようなクラスがあるでしょうか?

 

ホットヨガは柔軟性が高まる温かい環境で、発汗しながら老廃物の排出を促し、デトックスできるヨガです。自分のペースで取り組めるので、基本的には体力のない人や体の硬い人でも安心してレッスンを受けられます。

 

どうしても体力に自信がない方や、ゆったりとしたレッスンがしたい!という方は、リンパリフレッシュヨガやリフレッシュヨガなどがおすすめです。

 

リンパリフレッシュヨガでは、マッサージとヨガのポーズを交互に行い、血行を促進するコースです。

 

一方リフレッシュヨガは座りポーズや寝ポーズなど、リラックスできるポーズを多く取り入れたヨガコースになります。

 

特にヨガ初心者の方は、いきなり運動量の激しいホットヨガから始めると、付いていけないと感じてしまうかもしれません。

 

運動量の目安をチェックしながら、まずは運動量の少なめなレッスンから始めるとよいでしょう。

ホットヨガは一日に何時間も受けて大丈夫?

ホットヨガは1日に何時間も行うというよりも、1日1レッスンという場合の方が多いです。

 

ホットヨガは、通常のヨガよりも汗をかくので、体力を消耗しやすく、体への負担は多少大きくなるからです。

 

そのため無理に何時間も続けると、体調を崩してしまう可能性もあります。

 

1日に何時間も詰め込むよりも、週に1回、3日1回、1日1回など頻度を決めて、行っていくとよいでしょう。

 

頻度を変えずに長期的に継続することで、ダイエット効果、リフレッシュ効果がもたらされます。

 

ホットヨガのレッスンは1日2時間以内に抑えるのが理想的ですよ。

 

続けてクラスを受けたい場合の注意点は?

ダイエットのために、ホットヨガを習おう!と意気込んでいる方の中には、連続してレッスンを受けたい!と考えるかもしれません。

 

もしも1日2回レッスンを受けるのであれば、連続した時間ではなく、レッスンとレッスンの間にある程度の休憩が必要です。

 

数時間の休憩が理想的ですので、午前に1レッスン、午後に1レッスンなど、レッスンの時間帯を分けてみるとよいでしょう。

スタジオを途中退出できる?

ホットヨガのレッスン中に、スタジオを途中退出できるのでしょうか?

 

基本的には他のお客さんの集中の妨げになるので、レッスン開始後の途中入退室は出来ません。

 

また途中退室すると、室温が安定しなくなってしまうため、ホットヨガの効果が薄れてしまいます。

 

ただ気分が優れない、体調が悪いという時には、適宜対応してくれるので、担当インストラクターに相談してくださいね。

ホットヨガをするときの服装や持ち物は?

ホットヨガをする時の服装や持ち物はこちらです。

  1. 運動ができるウェア上下(Tシャツ、ハーフパンツ、スパッツなど)
  2. 汗拭き用のフェイスタオル
  3. 常温の水1リットル以上
  4. シャワー用バスタオル(一部店舗ではシャワーのご用意がございません)
  5. 替えの下着

基本的には運動できるウェアであれば、ヨガ専用のウェアでなくてもOKです。

TOPへ